終盤力が落ちている

明らかに終盤力が落ちている・・・

あと見落としがものすごく多い。全然強くならんまま時間だけが過ぎていたので、すこしやり方変えよう

 

まぁ将棋の勉強ってあんましてなかったんだけど。他の事いろいろやってたから・・・

浮気性なんです

 

 

しばらく指し将棋はお休みして、凌ぎの手筋200と手筋の力初級編を解きます。

いつもは10分くらい考えてわからなければ答え見てるけど、今回はじっくり読みます。

読み切るのを目指すよ

 

凌ぎを考えるのは結構好き

 

まず自分の詰み筋を考える

自玉の詰み筋①

自玉の詰み筋②

 

→これらはどういう手順で自分を詰まそうとしているか

  例えば4七金~3八金で頭金、とか。どういう手順で詰むかを読んだり、どこの地点が急所を探す 

  自分の詰みを探すときは、あえて何も受けないでパスしたと仮定してスタートするとやりやすい気がする

  

 

→すべて受ける手A

  急所の地点に利かすには何をどこにどう売ったらいいか考える

  複数の詰み手順すべてを受けられる手を探す

  だいたい、どこかの地点を受けなくてはならなくて、その受けのためには度の駒を打たなければいけない、とかそういう風に考えてる。

 

→受けの手に対しての応手をすべて考える

  もしかしたら受けたつもりでいても、受かってないかもしれない

 

 

こういうの凄く楽しい

詰み筋が複数あるかもしれなくて、それをすべて読んで、

 

いつか考えを整理したら、前の時みたいにざっくりとまとめてみようかな

何をどうやっているかって、一見言葉出来ないようなことであったとしても、言語化した方が良いと思うんですよね、どんなことでも。