夏休みの宿題は一生懸命やろう

最近仕事が糞暇でうれしい。潰れないくらいに仕事がないのが良い会社の条件だと思います。僕のお金がたまったら潰れてくれていいです。

暇だとブログ書けるね。過去最高の更新頻度だ

 

15年くらい前、小学生とか中学生でしたが、その時の夏休みの宿題の終わらせ方を伝授します。

子供たちは来年から試してみてください。

 

・数学とかのプリント

①友人に声を掛けます

②「あきらお前1章ね。俺2章。しょーへいは3章ね。自分の担当終わったら隣のやつに渡して、写せばよくない?」作戦

人数がn人なら一人当たりの実質負担はn分の1です。

 

・自由研究

観察日記で良いなら観察日記作ります

①アリの巣の前に砂糖と塩とその他いろいろな食べ物とか、記録を付けるノートを持っていきます

②ノートごと置いて放置します

③3時間くらい遊び惚けます

④ノートに蟻がたかっていたら、ノートもありがたかりました!と報告。

 たからなかったら普通にノート拾って書いて終わらせる。

  僕の時はたかったので、楽勝でした。翌年も同じことしましょう。

 

 

・工作

①ゴミみたいな作品を短時間で作ればいいと思います。工作のセンスないですすみませんっていえばいいんだよ。どうせ捨てるじゃん、それ。

 

・読書感想文

①桃太郎や浦島太郎などを読みます

②現代的見地から突っ込みます

③終わり

僕は赤ずきんと浦島太郎で書きました。生徒には大好評でした。先生からは何も言われませんでした。

 

・習字とか、1つ自体はすぐ終わる類のもの

①ノルマ分だけ書いて終わりにする。へたくそな絵や字のクオリティは気にしてはいけない。お前の作品など誰も見ないのだ

 

・絵とか、1つ1つに時間がかかると思われるもの

①10分くらいでわっと終わらせる。

②クオリティは気にしない

芸術は爆発だと割り切る。お前の作品など誰も見ないのだ

 

朝顔などの観察日記

①夏休み始まる前に枯らします。

②夏休み入ってからでもいいので枯らします。

③終わり

僕の友人には芽の時点で雑草と間違えたと言って抜き去った猛者がいた。

 

 

以上です。僕は夏休みの宿題の再提出は指示されたことはありませんでした。

クオリティの低さを怒られたこともありません。

宿題を出さなかったこともありません。

再提出にならない程度に手を抜くのが生きていくコツです。

こんな僕でも大学にいけましたから平気です。就職もできました。