自分用:確定申告についての備忘録

確定申告についての備忘録

 

一応確定申告を済ませたので、自分用に備忘録を。

 

 

【確定申告書等作成コーナー】-TOP-画面

 

作成はここでやりました。

 

確定申告の準備を進めていくうちに知ったのだけど、

所得税15%と住民税5%の支払いタイミングが違う

  所得税を3月中旬までに収める。これは通知とかない。住民税は6月に通知が来るらしい

・確定申告は申告書出したら、納付書を手に入れて所得税を自分で納付しないといけない。所得税は通知とかがないので注意!納付書というものがあるのも注意

 

①確定申告の対象

基本はみんな雑所得。ただし総合と分離課税があり、総合は総合、分離は分離でくっつけて計算。総合課税は20%くらいの一律課税。

 

【総合課税】

・アマゾンアフィリエイト

・仮想通貨

 

【分離課税】

・FX(iサイクル、トルコリラ

 

【よくわからなかったもの】

投資信託源泉徴収蟻の特定口座)

よくわからなかったので、確定申告に記述しなかった。

取引の履歴に関する書類を紛失したのもあるけど。

 

 

②必要な書類

源泉徴収票 会社からもらう

マイナンバーのコピー

・取引の履歴

 

取引の履歴について

FXの取引履歴は、各会社からダウンロードできるので印刷

アマゾンは紹介料の履歴を確認して、印刷

仮想通貨は会社ごとにちがくて、それなりのが手に入る会社と全く手に入らない会社がある

とりあえず手に入らない場合取引画面を印刷した。ある海外取引所は一部約定履歴が見れなかったので、注文履歴で計算した。

それを僕はエクセルで整理した。会社ごとは移動があったりで煩雑だったので、コインごとに整理。僕は移動平均にした。取引の旅にいちいち計算した。

所得をえた場所を記述するかしょがあるのだけど、仮想通貨については仮想通貨でひとまとめにしてしまった。怒られるかな??

 

③書類の作成

これは上の作成サイトで作るとなにも問題なくできる。

申告書B用紙をつかって、1表、2表、3表と作成、印刷

 

④書類の提出

所轄の税務署に郵送した。

初めてなら手渡しして、不備があるかちぇっくしてもらったほうが~ってもおったけど、やめた。

理由は行くのが面倒臭いからと、不備があってもなんか言ってこなければどうでもいいと思ったから。窓口でそんなもの見るとも思えんし。だいたい作ってる俺がわけわからんのに、ぽんと渡されてる方もわからんやろ。

 

郵送するときに、

・「控えに受領印押して返信ください」

・「納付書くれ」

ってかいて返信用の封筒いれておくったら、1週間でお返事が来た。

 

所得税の納付

納付書に記入したら、郵便局で支払える。銀行でもOKぽい。これはどこの郵便局でもできるので、僕は納付書持っていって会社の近くで支払った

 

 

開き直るようであれだけど、不備があればなんかいってくるだろ。

追徴とかはないとおもう。利益の大半FXだし。FX分は履歴関連がしっかりしてるし

 

大体あってりゃそれでいいんでしょ?

って気持ちでとりあえずつくって出した方が良い気がする。

 

そりゃ取引履歴のしっかりした書類あるのに、1万円ミスったとかはあれだけど。

もともと、大体あってればいいよ的な制度であるとしか思えんし・・・

 

来年は書籍の分とか経費として計上したいな

今年は領収書捨てたりしたし、なんかめんどうくさくてやめちった