iサイクルとトライオートの失敗での反省

iサイクルを始めてから10か月、トライオートETFを始めて半年。

ここ1年での僕の投資スタイルの変化は、自動売買を取り入れたこと。

 

僕は投資は、投資信託が約5年、FXのスワップのみが4年の経歴。

スワップはNZD、AUDでやってたけど、スワポ増えないのに取得単価ひたすら上がってく流れで、嫌になってやめた。

 

で、いろいろ思うところあって、トルコリラに手を出したり、自動売買に手を出したりしたのがここ一年での話だ。

 

へたくそだ!!!

ほぼ1年生みたいなものだからしょうがないっちゃしょうがないと割り切るけども!!

 

①iサイクルでの失敗事例 ~マニュアル取引を取り入れすぎてレバレッジでかくなりすぎ~

 

今年だけで、マニュアル取引で10万近く利益を出した。自動売買でも25万近くの利益確定だ。これだけ見るとうまくいっている。

僕の手元の計算だと、本来、iサイクル取引は全部約定しても額面では6倍以下のレバレッジにしかならないと思うのだ。

ところがマニュアル取引の残骸が足を引っ張っている。目下レバレッジ8倍くらいになっている。

マニュアルに手を出した理由は、値動きがものすごい激しかった時に不安になったのと、利益取れるんじゃないかと欲を出したからだ。両建てして、片方は利益を大量に生み、残った方が今足を引っ張っている。

自動売買を始める時は、色々計算して、許容リスクを取ったうえで投資しているはずなので、不安になる必要はなかった。

そして、今思うと、結果的に僕が直面するリスクに対して、マニュアルで得られた利益は大きくないということ。レバレッジがでかくなったのもそうだし、このレバレッジを元に戻そうとすると、現状20万近く損切りになる。結局損だ。

マニュアルでうまくできるのなら最初から自動売買などいらない。そしてマニュアルのせいで自動売買のせっかくのリスク計算が台無しだ。

マニュアルやるなら、小さな額にすべきだった。自動売買全体の半分に匹敵するポジションを持ってしまった。やらないのが一番だけど、結構楽しいんだよね。。。

 

②トライオートでの失敗1 ~よく調べなかった~

 

とりあえず初めてみっかみんな利益出てるし!からスタートしちゃったのがトライオートETF。で、ナスダック100トリプルを自動売買設定した。

良く調べないまま、自動売買の推奨設定通りに設定し、ロスカット寸前になった。

これレバレッジ5倍なんですよ推奨設定が。そのレバレッジでやたら値動きするナスダック100トリプルなんて始めたから、いきなり死にかけた。

知ってて死にかけるのと、知らずに死にかけるのは天地の差だと思う。知ってて死ぬのもリスク許容範囲内だろう。けど知らないのはリスク許容範囲外だ。

そして、これは①にも通じるが、ロスカット寸前でこさえたナスダック100トリプルの売りポジションが大量のマイナスを生んでいる。

これはいつかきっとプラテンするだろう。けどまぁ、最悪損切りして損益通算で良いと思ってる…

 

良く調べなかったことがもう一つあって、トライオートは金利がかなりかかる。

金利、なめてた。思ったよりずっとかかった。いやほんと。なめくさってた。

含み損に耐えて耐えてプラテンしてよっしゃーって思ったら、金利のせいで±0ってことがあった。知らんかった。

分配金が出る類のだったら、金利帳消しくらいにはなったかもしれんけど。出ないのだったからね。それでも金利かかる。

 

③トライオートでの失敗 ~選んだ対象商品が自分に合ってないものだった~

 

僕は、あまりにも値動きが激しいものは嫌いだ。また、過去の実績でみて、損失をある程度予想できないものも嫌いだ。だから、ナスダック100トリプルは、ぼくには合わないものだったと結論付ける。レバレッジド銘柄で値動きがはげしく、そして、歴史が浅いので、いくらまで損失抱えるのかうまく想像がつかなかったのだ。

僕の投資スタイルは、大量の証拠金で含み損にひたすら耐えることが根底にあるようだ。割といい加減な性格なので、大雑把にロスカットラインを把握して、そのラインを超えないとこで適当に自動売買とかスワップとかやるのだ。

だからトルコリラも、iサイクルも、僕なりの机上の計算では、結構いい線でロスカット見越してた、と思ってる。

レバレッジド銘柄は、何かあると大きく動きすぎる。口座全体の一部ならいいけど、メインにするには、僕には合っていなかった。

 

トライオートでは、結局、僕は、マネーハッチみたいなのでちょっとずつちょっとずつ、1~最大2倍程度のレバレッジでちょぼちょぼやっていくのがいいなという結論になった。

自分なりにどうすべきか見つけられたのは収穫だった。しかし含み損と時間という損失はおおきかかった。

 

 

 

まぁまず何より、大失敗なのはトルコリラじゃね?っていうのはなしでお願いします。トルコリラはとりあえず続けます。規模をどうするかは、考えますが。