へこたろうブログ~将棋と時々絵~

将棋と時々絵を描いていきます

級位者勝手にアドバイス② 焦るな

級位者勝手にアドバイスシリーズ第2段

 

なぜ級位者は焦るのか?

これは永遠のテーマだと思う。

 

f:id:hekotarou:20190908003010p:plain

1図

 

先手3級の石田流本組 対 後手1級居飛車

 

この局面の前、後手が桂馬をはねる前から先手が少し指しやすいです。

攻めたくなるんですよね、実際。

指したい手が多くて、▲7四歩や▲6四歩ってしたくなります

個人的には▲6四歩の方針が好きですが、本譜はここで▲7四歩でした。

本譜の▲7四歩でも先手有利ですが、もっとよさを求めたいですね。

 

 

▲4六歩が最善だと思います。これで桂馬がタダで取れます。しかも何の代償もなしに。

 

f:id:hekotarou:20190908003524p:plain

2図

△6四歩は無効です。なぜなら▲4五歩と桂馬を取った手が4四の銀にあたるため、

△6四歩▲4五歩△3三銀は▲7四歩で本譜よりも桂馬一枚得しています。

△6四歩▲4五歩△6五歩▲4四歩は、次に先手から、

▲4一銀や、▲6四歩△同銀▲7四歩、▲6五桂などがあり、先手の攻めが止まらなくなります。

 

一手だけ我慢すればもっと良くできた局面でした。

攻めたくなる時に相手が攻めてきたとき、負けじと応戦するのもいいですが、一瞬立ち止まってみてください。

 

この将棋、終盤に先手が逆転負けしたのですが、その局面がものすごく良いんですよ

 

続きます。

 

 

 

石田流の基本―本組みと7七角型 (最強将棋21)

石田流の基本―本組みと7七角型 (最強将棋21)

 

 

 

]