へこたろうブログ~将棋と時々絵~

将棋と時々絵を描いていきます

相振り飛車 金無双の崩し方・攻め方

金無双の崩し方です

 

典型的なパターンとしての崩し方です。

自分の歩の数、相手の持ち駒などによっては成立しないケースもあり得ますが、

知識としては知っておいてください。

 

①端攻めでくずすケース

f:id:hekotarou:20191006153857p:plain

テーマ図①

 

テーマ図①から、

▲9五歩△同歩▲9三歩

なお後手が9三歩型でも▲9六歩△同歩から同じようになります。

 

f:id:hekotarou:20191006154306p:plain

途中図1

応手は銀、香、桂のどれでとるかですが。

この図の場合桂馬で取ると▲9四歩で死亡なので銀と香車を見ます。

 

・▲9三歩に△同銀の場合

 

まず銀から見ます。

途中図から△9三同銀▲同角成△同香▲9二銀まで

f:id:hekotarou:20191006154825p:plain
f:id:hekotarou:20191006154828p:plain
f:id:hekotarou:20191006154823p:plain


狙いは玉頭の突破です。受けなければ▲8三飛成です。続きます。

▲9二銀に対して最善は△8四角です。ここ△7四角は▲7五歩で死んでしまいます。

f:id:hekotarou:20191006154823p:plain
f:id:hekotarou:20191006155156p:plain
▲9二銀に△8四角としたところ

ここからぱっと見の▲8五桂で攻めが続きます。一気に行きます。

▲8五桂△9四香▲8一銀成△同玉▲9三桂成△同角▲8三飛成△8二銀▲9四竜

f:id:hekotarou:20191006160046p:plain
f:id:hekotarou:20191006160050p:plain
f:id:hekotarou:20191006160043p:plain
▲9三桂成までの図
f:id:hekotarou:20191006160145p:plain
f:id:hekotarou:20191006160143p:plain
▲9四竜のつぎは▲8三歩などがあります

一瞬で寄って気持ちが良い!

 

・▲9三歩に△同香の場合

f:id:hekotarou:20191006154306p:plain

再掲 途中図1

途中図1を再掲します。

▲9三歩に△同香を見ていきます。

▲9三歩△同香には▲8五桂と跳ねます。

手抜けば▲桂成からせめてOKです。

9五歩型なのでにげますが、▲9三歩と垂らし、▲9二歩成を狙います。

 

f:id:hekotarou:20191006160947p:plain
f:id:hekotarou:20191006160952p:plain
f:id:hekotarou:20191006160944p:plain

△9一銀くらいしか受けはないのでこうしますか。一見先手の攻めがなさそうですが、▲9五香という好手があります。

 

f:id:hekotarou:20191006161318p:plain
f:id:hekotarou:20191006161322p:plain
f:id:hekotarou:20191006161314p:plain

 

▲9五香と歩を入手し何がしたいかというと、▲9二歩成と捨てて△同銀▲9三歩です。以下△同銀▲同桂成△同桂なら▲同角成で死亡です。

受けとしては▲9二歩成△同銀▲9三歩に△9一歩があります。

とりあえず被害を最小限に抑える守り方で、とりあえずは収まります。

後手持って勝てる気しないけど。

 

②角で香車を取りに行くケース

ちょっとココセになりますが、こんなパターンもあります。

f:id:hekotarou:20191006161739p:plain

テーマ図2



▲9五歩△同歩▲9二歩としてから▲5六角などのラインで打ちます。

 

今回は▲2三角成の狙いを仮に見たとしますね。

 

f:id:hekotarou:20191006162014p:plain
f:id:hekotarou:20191006162011p:plain

 

▲5六角にたいしとりあえず△2二飛と受けますが、真の狙いは▲8四歩ですね

手抜くと▲8三歩成△同銀▲同角成から死亡です

 

f:id:hekotarou:20191006162122p:plain
f:id:hekotarou:20191006162119p:plain

 

▲9二歩△同香の意味は▲8四歩△同歩に▲9二角成ですね。

 

今回は▲2三角成と絡ませましたが、この9二角成だけの狙いでも相当受けずらいです。

この筋はいろいろな攻め方と絡めやすいので、サブウェポンとして優秀です

 

③玉頭からいきなり攻めるケース

 

端なんかまごまご攻めてられるかバカタレ!という方のために玉頭から一気にぶち殺す手段も用意しました。

 

・筋違い角との連携

シンプルイズベスト。王道の攻め筋。美濃囲い、金美濃なんかにも同様に使えます。

高美濃囲いには▲4一角など裏から打つパターンで同様の筋がつかえます。(▲6三角成△同銀から玉頭アタック!)

 

f:id:hekotarou:20191006162904p:plain
f:id:hekotarou:20191006162908p:plain
f:id:hekotarou:20191006162901p:plain

 

一番左の図から、▲8四歩△同歩▲同銀△8三歩で右図。

このあとはシンプルに▲8三銀成でいいでしょう。

もっともシンプルでありえなさそうですが、実は割と発生する局面です。

 

・▲4六角や▲5五角との連携のケース

 

シンプルイズベストパート2。

f:id:hekotarou:20191006163535p:plain

いかにも何もなさそうな局面ですが、崩す手はあります。

実戦での出現頻度は低いし、相手の持ち駒次第では受かりますが、面白い筋です。

図から、▲7四歩△同歩と斜めラインをこじ開けてから▲8四歩と合わせます。

 

f:id:hekotarou:20191006163718p:plain
f:id:hekotarou:20191006163713p:plain


▲8四歩に△8三歩で先手の銀は死んでしまい、よくある失敗のようですが、
▲4六角があります。あるいは▲5五角もありますね。

銀を取ってくれば飛車か桂馬を取るイメージです。

 

ココセ将棋ですが、▲4六角に△2二飛とします。

後手としては、先手バーカお前何もないだーろやーいやーい銀取った~~くらいの感じですが、

いきなり▲8二角成と角を切り飛ばします。

f:id:hekotarou:20191006163936p:plain
f:id:hekotarou:20191006163931p:plain

 

で、△8二同玉に▲8三銀成で一方的に攻め崩せます。

まぁ滅多に出ないですが、知っておいて損はないです。

 

上記の筋は単体では成立しない局面もあるので、組み合わせたり、狙いを見せ球にして別方向でポイント取ったり、そういう使いかたをします。

 

もちろんチャンスがあればぶち殺します。

 

]