将棋ウォーズ級位者の振り飛車党への少し役立ちそうな本たち

少し本棚を整理したら色々な本が出てきた。

その中で、将棋ウォーズの級位者の振り飛車党の方へオススメする、初段を目指すのに少しだけ役立ちそうな本を紹介します。

 

 

 

 

まずそもそもどう駒組みしたらいいかワカンネーヨ?って人への本

 

・上達するヒント 

象棋力 :初心者から2級くらい

 

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))

 

まずはこの本。題材は外国人の方で初心者から初段位までの人の棋譜

居飛車振り飛車問わず、将棋をどう指していくのがいいか、基本中の基本を知るにはオススメ。さばくって?スピードって?進展性って? こういうことの基本がわかります。

 

・早指しの極意

象棋力 :2級~初段くらい

 

 

ネット将棋攻略!早指しの極意 (マイナビ将棋BOOKS)

ネット将棋攻略!早指しの極意 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

上達するヒントが基本中の基本だとすると、こちらは実践的にどうかな?っていう本。

ネット将棋は時間がないので、たくさん読むのは不可能だ。で、読まない技術が必要だ。

この本は、時間がない将棋ならこうすれば勝ちやすい負けにくい、こういう方針紹介していく感じだ。

 

 

タヒねよ相振り飛車。ワカンネーって人への本

 

本を紹介する前にまず一言。 

もしあなたが角道オープン三間派なら、本を読むよりもっとオススメがある。

将棋・序盤のstrategyさんに行く。そこに後手三間飛車の菅井流がまとめられている。はっきり言ってこれだけ知っていればOKだと思う。先手でも一応使えるだろう。

 

ameblo.jp

 

定跡としての現在の結論はしらないが、ウォーズでバリバリ最新定跡にあたることなんて少ないので、strategyさんの記事を参考にしてアレンジすれば割と勝てるよ。(ちょっと投げやりだけど、割と事実だと思う)

アレンジするのに端攻めや手筋、囲い崩しの良い配置とかは知識として必要かもしれないけど。

 

・相振り飛車を指しこなす本

 

相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)

相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)

 

 対象棋力:初心者から有段者まで

 

若干古いのだが角道クローズを指す人なら持っていて損はないと思う。

1~4巻まであって、1~3巻の4章までは先手向かい飛車対後手三間。

3巻5章から4巻4章までは△3三角戦法だ。

 

囲いで章立てがわけてあって、たとえば1巻なら、こんな感じ

1章:二枚金vs二枚金 ※金無双のこと

2章:矢倉と矢倉葛井

3章:穴熊登場

4章:穴熊への攻め

 

自分の指す作戦に関係ある分だけあればいいと思います。

こういう定跡書のコツは、丸暗記しないこと、暗記しようと頑張らないこと。

こういうのは、真似したいところだけ覚えたり、ザーッと浅く読むのを何回か繰り返すくらいにする。駒の配置だけ覚えるとかもいい。はっきりいって、定跡書の通りの進行なんて、ほぼない。

 

・相振り飛車の絶対手筋

 対象棋力:5級~2級

必修!相振り戦の絶対手筋105 (マイナビ将棋BOOKS)

必修!相振り戦の絶対手筋105 (マイナビ将棋BOOKS)

 

部分図での説明のみ。揺さぶりのかけ方とか、構想の立て方とか、攻め筋とか。

難しい定跡なんか勉強しなくても、これだけ勉強しておけば考え方はわかると思う。

 

あと端攻めの本が補完であれば、OKかな。

将棋・ひと目の端攻め (マイコミ将棋文庫SP)

全戦型対応! 将棋・端の攻め方、受け方 (マイナビ将棋BOOKS)

必修手筋著者の杉本先生も本書で書いてますが、現代相振り飛車は端攻めが必須です。

なぜ相振りがうまくさせないか?それは端が絡んでないからだ 

 

美濃囲いって雑魚くね?こんなもろくて勝てるの?って人への本

余談だけど、僕は美濃囲いしか指さない。穴熊、大嫌い。

アイラブ美濃囲い。最も好きな美濃囲いは▲4六歩▲5七歩型。瞬間強度最強。でも攻め味は薄い…

 

・美濃囲いを極める77の手筋

象棋力:美濃を指す人みんな 

 

美濃囲いを極める77の手筋 (マイナビ将棋BOOKS)

美濃囲いを極める77の手筋 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 相手が何を持っていると詰むか?とか、端攻めをどう受けるか?がわかる本。

美濃囲いの悔しい失敗の第一位は、「ダイジョブと、余裕を見せたら、詰んじゃった」って感じだろう。そういう失敗をなくすことができる。

言葉での解説が結構あるので、級位者でも大丈夫。

 

美濃への攻め方を知りたい場合はこっち。名著だよ

美濃崩し200 (最強将棋レクチャーブックス)

 

 

とりあえずこれくらいかなぁ。

自分の愛用戦法の定跡書は1,2冊にして、あとは終盤とか中盤の勉強に時間使った方が効率良いと思います。

 

 

2018年2月17日 追記

なんかめっちゃいい本でた

 

四間飛車上達法 (最強将棋レクチャーブックス)

四間飛車上達法 (最強将棋レクチャーブックス)

 

 

ぼくは角道クローズの四間飛車はささないけれど、ネットで評判がよさそうだったので買ってみた。

これは良い・・・

 

定跡を細かく追うというより、定跡をふまえつつも将棋、特に対抗型の振り飛車の考え方を論理的にやさしく解説した感じ。

細かい変化をあまりおわない。そのかわり、なぜそのタイミングでその手なのかとか、その手はなにを考えているのかとか、そういうことが極めて平易にかいてある。

ちょっとした会話形式なので、本当におすすめ。

 

どう考えるべきか、そしてそれはなぜか。

何何がコツ、それはなぜか

そうするのは何々が理由だから

こんな感じかな。やっぱ藤井猛の本は良い。好き。

戦法はあまり僕と同じのは指してくれないけど。