へこたろうの振り飛車将棋ブログ

将棋ウォーズ四段の将棋ブログ

雀魂 銀の間で勝つ方法

PVアクセスランキング にほんブログ村

現在豪3のへこたろうです。

 

銀の間で勝ち越すなら次の3つを意識すれば勝てます。

 

1.牌効率を意識

2.ベタオリする

3.リーチする

 

 

1.牌効率について

 

牌効率は配牌から最速最善で聴牌までもっていく技術です。

麻雀は聴牌していることが最も偉いゲームです

なので、聴牌までの速度が早ければ早いほど有利になります。

私が銀の間で遊んでいたころは最終的に25%ちかい和了率がありました。

 

ウザクの緑本を読んでみましょう

1時間くらいあれば十分です。これだけでかなり勝てます

 

 

 

2.ベタオリすること

 

聴牌できないうちに先制リーチをされてしまった場合や、

3副露されてしまった時

ドラポンされて2副露・・・

などなど。

 

おりましょう。ベタオリです。

相手の現物を切りましょう。

雀魂では、振り込まないことが正義です。

どらが何枚あろうが、おりましょう。

銀の間では、ベタオリできないプレーヤーが多いです。

なのであなたがベタオリすれば他人が振り込んで終わります。

これであなたの4位はないのです。

 

 

3.リーチしましょう

 

なぜリーチか。実はリーチは33パーセントの確率で裏が乗ります。

また10巡目リーチ(遅め)残り5枚の待ちでも25%以上ツモれます。

とにかくリーチは打点がでます。

リーチすると上がれないのでは?と思われがちですが、銀の間は大丈夫です。みんなベタオリできないのでじゃんじゃん上がれます。

玉の間ではリーチ和了の平均値は50%ほどあります。

つまりリーチした瞬間なんだかんだ5割上がれるんですね。

 

副露ではダメか?

そんなことはないのですが、銀の間では副露する必要性があまりないのですね

私の銀の間プレイ時の副露率は20~25でした。

 

リーチしたあと放銃しちゃった・・・

そんなことは気にする必要ありません。あなたのせいではない。

リーチ後の放銃率はジャン玉では10~15が平均です。

リーチすると2回に1回あがれるが7回に1回振り込む。こんなものですね。

 

 

以上をまとめると、

「牌効率で速度をあげて、先制リーチで点を稼ぎ、先制できないときはベタオリして点を守る」

 

ということになります。

鳴き読み?山読み?

そんなものはいりません。牌効率とベタオリでほぼ決まりです。

]