へこたろうブログ~将棋と時々絵~

将棋と時々絵を描いていきます

勝手にアドバイス⑦ ~飛車取りを怖がらない攻め~

勝手にアドバイスシリーズ

 

先手:3段

後手:1級

 

f:id:hekotarou:20191221014454p:plain

 

後手が三間飛車から向かい飛車に振りなおし、大技がかかって少し進んだ局面です。

形勢的には後手がかなりいいです。

△5七歩とたたいて▲同金には△5九飛成▲同金△同竜で後手優勢、

▲6八金寄も△5九飛▲同金△同竜で後手優勢です。

△5七歩はかなりいい手です。いわゆるたたきの歩の手筋です。

 

先手は歩を取る手もかわす手も負けなので、▲4五桂と攻めあいですが、

級位者はこの手の竜取りにビビるということもたぶん先手は知っているのでしょう

 

実戦は△9八竜と逃げてしまいました。そして▲5七金と歩を取って逆転、先手大優勢です。

f:id:hekotarou:20191221015029p:plain

 

このあとは後手から攻めようがありません。一枚の歩では4枚の先手美濃囲いを攻略できません。

この後は逆に45の桂馬と渡した歩で五筋からと金を作られて一瞬で後手は崩壊してしまいました。

 

 

ではどうすればよかったのか?

 

 

f:id:hekotarou:20191221015241p:plain

再掲載テーマ図

 

 

この局面での最善手は△5八歩成です。

 

 

f:id:hekotarou:20191221015315p:plain

 

金を取った局面、と金が金銀にもあたっていますね

もし▲1九馬としてきても△同飛成とすれば、▲5八銀と先手はと金を取るしかなく、手番が握れます。

 

f:id:hekotarou:20191221015432p:plain

 

図から▲5八金なら△5七歩が痛打です。

▲5八銀なら△6八金と絡んで後手大優勢です。ここからはもう先手は受け一方になります。

 

f:id:hekotarou:20191221015706p:plain

 

↑先手だけが一人で終盤戦状態で後手必勝

 

 

 

もういちど最初の図に戻って、なぜ飛車取りを無視していいのか確認します。

 

 

再掲図

 

f:id:hekotarou:20191221015752p:plain

 

ポイントは以下の通りです。

1.そもそも竜は飛車のひもつきで、同飛成で取り返せる

2.△5八歩成が後手の金銀に当たっていて手番が握れる

  ※終盤は駒の損得より速度の格言にそう

3.仮に飛車を取られても後手陣は打ち込むすきが少ない

  ※一段金に飛車捨てありの格言にそう

 

以上3点です。

とくに2,3は局面が全然違くても特に頭に入れておきたい格言です

 

]