へこたろうブログ~将棋と時々絵~

将棋と時々絵を描いていきます

穴熊への端攻めの棋譜(相振り)

振り飛車の先手向かい飛車穴熊対後手三間飛車美濃囲い


振り飛車穴熊で悔しい思いをしている人に贈る、僕の快勝譜。自画自賛です。
なお6月くらいに菅井流三間飛車で負けまくって降段しました・・・

 

ウォーズ3分切れ負け。


先手:知らない人3段
後手:へこたろう3段

 

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3二飛 ▲6八銀 △3五歩
▲6七銀 △5二金左 ▲7七角 △6二玉 ▲8八飛 △3六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲3七歩 △3四飛 ▲5六銀 △4二銀
▲4八玉 △7二銀 ▲5八金左 △1四歩 ▲3八玉 △1五歩
▲2八玉 △2四歩 ▲3八金 △2五歩 ▲1八香  (1図)

 

f:id:hekotarou:20190814011954p:plain

 

駆け足ですすめますが、こんなものでしょう。

途中△7四飛は歩を取る狙いを見せて銀を引かせてから移動する小技。
激指しの評価は疑問手扱い。なんで・・・??

これで1手得してるから、先手後手がちょうどひっくり返った形になった。

 

△7四飛  ▲6七銀 △2四飛 ▲1九玉 △2六歩 ▲同 歩
△同 飛  ▲2七歩 △2四飛 ▲2八銀 △7一玉 ▲4八金左
△4四角  ▲8六歩 △3三桂 (2図)

 

f:id:hekotarou:20190814012026p:plain

 

 

もうこの時点で後手有利だった。まじ?

途中△4四角が対穴熊に限らず、金無双にしても美濃囲いにしてもいいポジショニングだとおもってる。

けどソフトの評価値は何か微妙で、ここでいきなり△1三桂~2五桂とかだった。
まじ?やばんじゃね???
でもそんなものなのかしら。

 

▲5六銀 △1六歩 ▲同 歩 △1七歩  ▲同 銀 △同角成
▲同 香 △2五桂 ▲6五歩 △1七桂成 ▲同 桂 △1八歩
(3図)

 

f:id:hekotarou:20190814012044p:plain

 

△1八歩の意味は▲1八歩などの粘りを消す意味だけど、ここはかえて△2六歩が最善みたいだ。(△2六歩▲同歩△同飛▲2七歩△1六飛▲1八歩△1四飛)

f:id:hekotarou:20190814012256p:plain

 

上は△1八歩にかえて△2六歩で先に少しすすめたところ。たしかにこうなるならこの方がよさそう。

 

▲2八玉 △1六香 ▲3三角打 △同 銀
▲同角成 △1七香成 ▲同 玉 △4四角 ▲同 馬 △同 飛
▲1八玉 △1一香 ▲1七歩 △1四飛 ▲2九桂 △4四角
まで72手で後手の勝ち

 

▲2八玉が大悪手みたいだった。
かえて▲1八同玉で、ちょっと差が詰まっちゃうようだ。まだ後手が良いけど。

これを逃してからは後手がずっとそれなりの差で有利だった。
最後は詰めろ飛車取りで、まだ続くけど終了。

お互い消費時間は1分だった。あっさりおわった。

 

細かいところは直す点もあるのかもしれないが、端攻めとしては教科書に近い攻め方ができたんじゃないのかな~と思ってる。
いや思ってるだけでダメなのかもしれないけど。

 

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3二飛 ▲6八銀 △3五歩
▲6七銀 △5二金左 ▲7七角 △6二玉 ▲8八飛 △3六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲3七歩 △3四飛 ▲5六銀 △4二銀
▲4八玉 △7二銀 ▲5八金左 △1四歩 ▲3八玉 △1五歩
▲2八玉 △2四歩 ▲3八金 △2五歩 ▲1八香 △7四飛
▲6七銀 △2四飛 ▲1九玉 △2六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲2七歩 △2四飛 ▲2八銀 △7一玉 ▲4八金左 △4四角
▲8六歩 △3三桂 ▲5六銀 △1六歩 ▲同 歩 △1七歩
▲同 銀 △同角成 ▲同 香 △2五桂 ▲6五歩 △1七桂成
▲同 桂 △1八歩 ▲2八玉 △1六香 ▲3三角打 △同 銀
▲同角成 △1七香成 ▲同 玉 △4四角 ▲同 馬 △同 飛
▲1八玉 △1一香 ▲1七歩 △1四飛 ▲2九桂 △4四角
まで72手で後手の勝ち

 

 

すぐに使える! 端の絶対手筋 (マイナビ将棋BOOKS)

すぐに使える! 端の絶対手筋 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

 

将棋・ひと目の端攻め (マイコミ将棋文庫SP)

将棋・ひと目の端攻め (マイコミ将棋文庫SP)

 

 

 

]