へこたろうブログ~将棋と時々絵~

将棋と時々絵を描いていきます

駒落ちを指しました!!

駒落ちを指したのでブログにのせる
倶楽部で400くらいの相手。ウォーズだと初段あるかないかくらいかなぁ

 

二枚落ちの定跡をほとんど知らないので、適当である
道場で勉強している人や定跡至上主義マンがみたら僕は殺されてしまう

 

とにかく僕の方針は基本的に玉頭戦だ
・飛車角銀は右金でいなしておく
もし成功すれば、「僕:金桂香:飛角銀桂香:相手」超お得。
結果的に銀一枚もお手伝いしている状況だが。
考え方としてはいい線行ってない?

 

玉頭方向なら「僕:金銀銀桂香vs金金銀桂香:敵」でようするに銀vs金の差にできる
というか、飛車角がないのでそれしか勝つ手段がない。
攻め駒を攻める勝ち方もあるにはあるし、やったことがあるが、
成功した後の気まずさといったら。

平手でもそうだが、不利な時は玉頭戦に持ち込むと大混戦にできる。
玉頭戦はしくじった方がいきなり危機に陥るからだ。

 

手合割:二枚落ち
下手:R約400
上手:へこたろうR1700

 

△6二銀 ▲7六歩 △5四歩 ▲6六歩 △5三銀 ▲6八飛
△4四歩 ▲6五歩 △4二銀上 ▲7八銀 △4三銀 ▲6七銀
△3四歩 ▲4八玉 △3三桂 ▲4六歩 △3五歩

f:id:hekotarou:20190309185424p:plain

17手目

図は17手目まで。
46歩は多分△4五歩の防ぎかな?
3五歩は、逆に▲3六歩で歩交換しずらくなるので先についた。

 

相手の攻め筋は6筋に棒銀のようにして突破を図ってくるものとこの時点で推測できる。
将来の守備イメージとしては、▲6四歩△同歩▲同銀のときくらいで、△7二金&6二銀の形で待機できること
これなら△6四歩とうって銀を追い返せる。
また仮に銀交換になっても、金が一枚残っていれば飛車は追い返せる


気を付けなければいけないのは飛車又は角を叩き切って突破してくるときで、大ゴマ一枚でも突破されると自陣が崩壊するので、それまでに相手陣地に嫌味を付けなければいけない。

 

既にこの時点で僕は、
・駒組みイメージ(どう勝ちたいか→玉頭戦)
・守備イメージ(勝ちたい方針と相手攻め陣地の整合性)
・負けのパターン(玉頭戦までに大ゴマが侵入されると敗勢)
ここまではうっすらと頭に描いてる。
ウォーズで初段に慣れない人も、自分なりにこういうイメージ持ってほしい。

 


▲3八銀  △3二金 ▲5八金左 △7二金 ▲4七金 △4二玉 ▲5六歩
△3四銀 ▲2六歩 △2四歩 ▲3九玉 △2五歩 ▲同 歩
△同 銀 ▲2七歩 △1四歩 ▲6六銀 △4三金

f:id:hekotarou:20190309185531p:plain

 

この手順だと▲2六歩がお手伝いになっている。そもそも指さないか、▲2六歩△2四歩▲2七銀で銀冠のほうがしっくりくる
結構相手のお手伝いになるような手を指す人は多いので、できるだけ減らそうね。
大ミスではないけど、じりじり相手の有利になるからね


▲9六歩
△3四銀 ▲9七角 △3二玉 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 銀
△5四歩 ▲6四歩 △同 歩 ▲同 銀 △同 銀 ▲同 飛
△6三歩 ▲6八飛 △6二金 ▲8二銀

 

 

 

f:id:hekotarou:20190309185602p:plain

 

▲9六歩~▲9七角はいい手だと思った。読めてなかった
僕の玉が角のラインにはいってしまって、このまま棒銀くらうと、王手になる。
そのまま角を切られたりしたら飛車成られて敗勢なので、玉を逃げるしかない。
玉逃げる手を指さなければいけなくなったので、銀を△6二に引けなくなった。
僕の守備プランが!

 

▲5五歩を手抜くと▲5四歩とのばされて、とれば▲5五歩だし、△4二銀と逃げるのは自陣に相手の歩が刺さったまま棒銀をくらうことになり、これは負ける気がした。
守備プランから少しそれるが銀交換で我慢

 

△6二金の意味は、
棒銀がさばけて6筋のすぐの突破はなくなったので少しでも玉方向によせたい
・角のラインおよび5筋の守備
・▲8二銀を打たせたい

 

▲8二銀は実際に打たれたわけだけど、善悪がわからない。
僕は悪手だと思う。


理由は、
・銀がそっぽで使えない代わりとして、桂香を拾う価値があるのかよくわからない。そもそも僕は自分の桂香を使えない。
・銀うちで1手、桂香ひろうと1手又は2手かかる。少なくとも2手はこちらに自由な時間が来る

 

銀の再利用ができるなら僕も打つが、できそうにないので僕は打たない。
僕は自分で使うことのできない桂馬香車を犠牲にして、相手の銀を使えなくしたという風に判断した。
僕はこの瞬間を待ってもいた。相手の銀がなくなり、反撃できなくなるときを。

 

△4五歩 ▲同 歩
△4六歩 ▲5七金 △4五桂 ▲5六金 △5五歩

f:id:hekotarou:20190309185655p:plain

 

△4六歩はとれば△5七銀で飛車金両取り。
▲5七金には桂馬跳ねて金当たり。この辺りでは正直指しやすさを感じていた。
5六金には、△4七銀が最善だと思う。相手の守備ゴマをはがす手をみつつ、金取り。金がどこかににげれば5七桂成。
△5五歩は、なんか味がよさそうだったから。悪い手ではないと思うんだけど、ちょっと微妙だった。
△3六歩もあるのかな。とにかく有力な手段が多くて迷った。

 

▲4四歩
△5四金 ▲6五金 △4四金 ▲5八歩 △5六銀 ▲6六金
△4七歩成 ▲5六金 △3八と ▲同 金 △5六歩 ▲5三銀

 

f:id:hekotarou:20190309185741p:plain

 

このあたり、自分の指し手がいまいちだったと思う。
▲4四歩の意図がわからず、とりたくなかった。時間差で相手の指し手を見てからとるか放置するか決めるかなって思ってた

▲6五金で飛車先が重くなったので、4四金とした。交換してしまうと、
相手の飛車先が軽くなるし、遊びそうな相手の金が僕の大事な守備金と交換になってしまう。

▲5八歩を見て自分かなりいいなと思った。相手が自陣を突破するイメージがわかない

△5六銀はすべて不意にするゴミ手だと思う。▲4八歩と打たれたら、と金は作れないし、打った銀は金とるしか使い道ないし、
でも金とると同飛で飛車が通る・・・
結局なんだかんだで△4七歩成で二枚替え+相手の守備駒はがすことに成功した。

▲5三銀の瞬間はまだ勝てるんじゃないかと思っていた。
実際、まだ相手の大ゴマがなりこんでくるまでに少し時間がかかる。


△4三金 ▲6二銀成 △4六歩 ▲4四歩 △3三金 ▲6三飛成
△4七銀 ▲5二龍 △2三玉 ▲3一角成 △3八銀成 ▲同 玉
△4七金 ▲2八玉 △3六歩 ▲2二龍
まで88手で下手の勝ち

 

f:id:hekotarou:20190309190029p:plain




4三金と逃げておけばしばらく詰まないから攻めて勝ちだと思ってた。
△4六歩は悪手。▲4八歩でも攻めが続かない。△4七銀とか打つ展開になっても一手遅れてる
▲4四歩で、ヤベーって思った。
同金は▲6三飛成が詰めろ。4三にこまをうつと▲4八歩あたりでも完封負けなので打てない。
じゃぁと△4三金と引く守備はもう一発▲4四歩で、これに△3三金は▲4二角成で詰む。
当然△4四同金も▲3一角成で詰み。
△5四銀打ちみたいな手はボロボロこまとられるだけ。

つまり△4六歩▲4四歩の交換で完全に負けにした。
△4六歩に代える手段てなにがあるかなぁ
4七歩で王手かかる形にすべきだったかも。

そもそも5三銀と打たれた手にたいし、△同金上▲同角成△4三金打ちではじく方がよかったか。

最終盤で微妙な手を指してしまったなぁと思いました。

なお最後の詰みは見落としていました。

将棋倶楽部24で2段になっても詰めは見落とします!

 

 

ブログに角と3じかんくらいかかるやんなんなん。

そして棋譜が画面でうごかせるやつ、駒落ち非対応だった泣く。

 

よかったとこ

・8二銀をうたせる狙いが通った

・4五歩からの反撃が的確にできた

・守備プランを変更したが、相手の大ゴマを途中まで完封していた。途中しくじったけど。

 

あかんかったところ

・反撃成功後の指し手に精彩を欠いたこと

具体的な読み筋もそうだが、反撃成功後、どこの地点をどう攻めるかのイメージをもっともつべきだったようにおもわれる。どうしても成桂を作りたいのか?飛車を攻めて、飛車を逃げた1手を致命傷にする攻めか?一気に玉方向に行くか。

イメージをもって臨める内容の将棋だったと思う。

・1手詰め見落とし

 

手合割:二枚落ち
下手:R約400
上手:へこたろうR1700

△6二銀 ▲7六歩 △5四歩 ▲6六歩 △5三銀 ▲6八飛
△4四歩 ▲6五歩 △4二銀上 ▲7八銀 △4三銀 ▲6七銀
△3四歩 ▲4八玉 △3三桂 ▲4六歩 △3五歩 ▲3八銀
△3二金 ▲5八金左 △7二金 ▲4七金 △4二玉 ▲5六歩
△3四銀 ▲2六歩 △2四歩 ▲3九玉 △2五歩 ▲同 歩
△同 銀 ▲2七歩 △1四歩 ▲6六銀 △4三金 ▲9六歩
△3四銀 ▲9七角 △3二玉 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 銀
△5四歩 ▲6四歩 △同 歩 ▲同 銀 △同 銀 ▲同 飛
△6三歩 ▲6八飛 △6二金 ▲8二銀 △4五歩 ▲同 歩
△4六歩 ▲5七金 △4五桂 ▲5六金 △5五歩 ▲4四歩
△5四金 ▲6五金 △4四金 ▲5八歩 △5六銀 ▲6六金
△4七歩成 ▲5六金 △3八と ▲同 金 △5六歩 ▲5三銀
△4三金 ▲6二銀成 △4六歩 ▲4四歩 △3三金 ▲6三飛成
△4七銀 ▲5二龍 △2三玉 ▲3一角成 △3八銀成 ▲同 玉
△4七金 ▲2八玉 △3六歩 ▲2二龍
まで88手で下手の勝ち

]